ポーラの人気ファンデーションの効果と口コミ

ポーラ B.Aパウダリィバームファンデーションの効果と口コミ

B.A パウダリィバームファンデーションM

乾燥肌の毛穴対策に!高いカバー力としっとり感が夕方まで続く話題の高級ファンデ

ポーラファンデーション効果口コミ使い方特長B.Aパウダリィファンデーション

しっとりとした適度な重みがあるパウダーとでもいうのでしょうか、取った時はクリームに近いのに塗るとさらっとパウダーのように広がりました。でも粉っぽさは無くて、少しツヤがあるくらいに仕上がります。鼻の脇のたるんだ毛穴にも入りやすく、均一的な肌に見えるように。乾燥肌でもぺったりとしたクリームの仕上がりが苦手な私にはぴったりのファンデーションです。

リキッドのツヤ感・しっとり感とパウダーの使いやすさ・ふんわり感を併せ持ったポーラの中でも1番人気のファンデ。しっとりとして濃厚なオイルリッチなバームが肌に溶け込み、さらっとふんわりしたパウダリーに変化、表面はサラッとしているのにしっとりとした肌が夕方まで続いてくれるのが特長です。高いカバー力もあるので乾燥肌の方の毛穴対策にオススメです。
12,100円・税込
公式HPへ

 

《商品解説》
ポーラ B.Aパウダリィバームファンデーションバームタイプでリッチな感触とパウダーの軽い感触の両方を兼ね備えたファンデーションです。

 

濃厚なオイルリッチの感触でムラなくしっかりと肌に塗付し、溶け込むような感じでなじませていくことができる使い心地のよさがまず特徴です。

馴染むとパウダー状に変化

ポーラファンデーション効果口コミ使い方特長B.Aパウダリィファンデーション

そしてこれが肌になじむと軽い感触のパウダリィな状態に変化します。

 

このパウダリィに変化したファンデが毛穴や小じわといった肌の凹凸にしっかりとフィットしてなめらかに整える効果を発揮するのです。

 

ですから毛穴や小じわの悩みを抱えやすい50代、60代の方のメイクにピッタリなのはもちろん、ベタつくのが嫌い、軽い感触で使えるものがいいという方にも適しています。

 

このように濃密な感触で塗付しつつ軽くフィットするため、全体が軽くふんわりとした印象に仕上げるのも特徴です。

 

通常のパウダータイプのような毛穴や小じわに無理に押し込んだ印象もなくあくまで自然に仕上げられますし、全体を軽く優しい印象に演出できる点も大きな魅力になっています。

ブランド共通の美容成分も配合

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューファンケルエンリッチ

また頬のハイポジションにツヤをもたらすことで全体を立体的に見せて若々しい印象を引き立たせる効果もあります。

 

年齢を重ねると透明感やツヤの低下の影響で立体感が損なわれ、全体的に平べったく見えることで老けた印象になってしまう面もあります。

 

だからそれを改善することで全体を若く健康的に見せるのにも役立つわけです。

 

こうしたファンデーションとしての魅力に加えてpola baブランドならではの美容成分も配合、シルク由来のゴールデンLPをはじめ美容成分が角質層に浸透して乾燥やバリア機能の低下といった老化の悩みを改善してくれます。

 

メイクにもスキンケアにもピッタリ。年齢肌とメイクの悩みを抱えている方に幅広くオススメできるファンデーションです。

B.Aパウダリィバームファンデーションの特長のまとめ

  • バーム状のリッチな質感で塗り広げられ、なじむと軽いパウダー状に変化するので、毛穴や肌の凸凹にフィットしやすい
  • その為、厚塗りにならず自然に優しい印象に仕上げられる
  • 頬のハイポジションにツヤが出やすく、メリハリある立体的な顔に見せられる
  • B.Aライン共通の美容成分も配合されているので、メイク中もスキンケアに繋がる

 

B.A パウダリィバームファンデーションMの口コミ

手で軽く触ってみたらしっかりしたクリームっぽかったので、自分の嫌いな厚ぼったい仕上がりになるのではと心配でした。しかし実際にパフで掬ったら意外に軽くて、しかもパウダーとリキッドの中間位の塗り易さでした。仕上がりもマットになりすぎず、下から上に塗ることで気になる毛穴もカバーしてふんわりと明るい肌に見えます。

パウダーの薄付き感とクリームのしっとり感が合体したような、これまで使ったことのないファンデーションです。取った時と塗った時のギャップ?もあり、メイクもちょっと楽しくなります。クリーム並みのカバー力を求めている人には物足りないかもしれませんが、却ってわざとっぽさがなく、年齢よりアラが少ないきれいめな肌の人に思われるのも良い所です。

20代後半から乾燥肌なので、パウダータイプは避けてきました。でもリキッドやクリームは付けている時の肌の重さが好きでなく、我慢して使っていたのですが、これはそんな私に丁度いい使い心地です。付け心地は軽いのにクリームとハイライトを重ねたような、メリハリ顔に仕上げてくれて、クレンジングもクリームタイプより落としやすいので時間や手間が減りました。

B.A クリーミィファンデーションMの効果と口コミ

B.A クリーミィファンデーションM

高い密着力と保湿力!肌へ負担も減らしながらメイク中のエイジングケアにも

ポーラファンデーション効果口コミ使い方特長B.Aクリーミィファンデーション

スキンケアのクリームみたいにこてっとした濃厚さがあるのに、指先ですぐに広がる軽さがあります。クリームタイプは塗った感が出る物もありますが、これは薄付きなのでぼってりしたメイクにならず、それでもカバー力に不服はありません。美容成分も色々入っているらしく、クレンジング後でも肌が疲れている感覚にならないのも嬉しいです。

しっかりカバーするのに乾燥しない年齢肌のためのクリーミィファンデーション。独自成分で保湿力を高めながら、11層構造のパウダー配合で内側からも明るいツヤ肌に見せてくれるのが特長です。B.Aスキンケア化粧品に配合されている美容成分も配合され、メイクしながらもエイジングケアもできるます。クリームファンデの肌への負担や乾燥が気になる方におすすめです。
12,100円・税込
公式HPへ

 

《商品解説》
B.AクリーミィファンデーションMはクリームをメインとしたファンデーションながら肌になじみやすい特徴を備えている製品です。

 

また美容成分を贅沢に配合することでメイクとスキンケアの両方を行っていくことができます。

ムラなく塗布できる濃厚なクリーム

ポーラファンデーション効果口コミ使い方特長B.Aクリーミィファンデーション

ファンデーション選びはカバー力や長持ちするかといった基本的なポイントはもちろん、使い心地、塗りやすさも大事なポイントとなってきます。

 

カバー力だけで選んでしまうとクレンジングで落とす際に肌に負担をかけてしまう、肌になじみにくく不自然に仕上がりになってしまうといった問題を抱えてしまうこともしばしば。

 

メイクはあくまで自然に肌の美しさを演出し、トラブルを目立たなくさせることがポイントです。

 

そこでB.A クリーミィファンデーションMでは独自の処方で使いやすさとなじみやすさの両立を目指しています。

 

いかにもクリームタイプらしい濃厚でコクのある感触をしており、肌にムラなくしっかり塗付していくことができます。

 

しかしこれが肌に塗付すると肌と一体化するようになめらかになじんでいきます。

内側からにじむ出るようなツヤで立体的な顔立ちに

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューファンケルエンリッチ

クリームタイプはムラなく塗布しやすい一方で均一に塗るのが難しい面もありますが、この特徴でその難点を克服することに成功しています。

 

また肌のツヤと立体感を重視しているのも特徴です。年齢を重ねると頬のハイポジションを筆頭にツヤが失われ、顔全体にメリハリがなくなっていくことで平面的でのっぺりとした印象になってしまいます

 

このファンデーションは頬のハイポジションにツヤをもたらすとともに全体にメリハリを作り、立体感を引き出す独特の効果を備えているのです。

 

しかもツヤには厚塗り感もなく、肌の内面からにじみ出てくるようなナチュラルな印象に仕上げられるのも大きな魅力です。

 

さらにB.Aブランドの共通した美容成分をぜいたくに配合しておりシルク由来のゴールデンLPを筆頭に保湿とエイジングケア両方に役立つ成分が肌環境の改善にも役立ちます。

仕上げにはB.Aフィニッシングパウダーも併用できる

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューファンケルエンリッチ

ライン使いの際には美容液のB.AデイセラムMシルキーグローと後に使い、使った後に仕上げとしてB.Aフィニッシングパウダーを使う順番になります。

 

適量を額、両頬、顎、小鼻に乗せた上で顔の中心から外側にかけて広げていきます。

 

手だけでなくパフやブラシも使えるので肌の状態なども考慮したうえで自分にあった使い方を工夫してみるのもよいでしょう。

 

先述のように頬のハイポジションのツヤを引き出すのがポイントなのでこの部分からはじめて全体のバランスを意識しながら塗っていくと仕上がりやすくなります。

 

POLAならではの魅力が贅沢に封じ込められたこのB.A クリーミィファンデーションM。メイクの悩みを抱えている方にピッタリのアイテムです。

B.Aクリーミィファンデーションの特長のまとめ

  • 濃厚なクリームだけど肌のなじみやすく、ムラなく仕上がる
  • 内側からにじむ出るような自然なツヤをもたらして、顔全体を立体的に見せてくれる
  • B.Aライン共通の美容成分も配合されメイク中もスキンケアができる
  • B.AディセラムMシルキーグローやB.Aフィニッシングパウダーとのライン使いも可能

 

B.A クリーミィファンデーションMの口コミ

クリームファンデの中でも重みがあるタイプですが、もたついて塗りにくいという事はありません。ほのかにツヤも出る仕上がりで、取り出した時より少し白っぽくトーンアップした色合いに見えます。この上からチークやパウダーを軽く付ける事も可能なので、メイクの幅も広げやすいです。付けている間の肌への閉塞感も無く助かります。

敏感肌でクリームファンデーションでは痒みを感じる物もありますが、これはスキンケアシリーズと同じ成分が配合されて行おかげで、トラブルが起きません。落とした後も肌がガサガサすることなく、寧ろ使い続けていると、肌の手触りが少し変化してきました。頬骨の辺りが一番明るく見えて、全体的に暗く見えていた顔立ちも改善されています。

パフでも指先でも塗り易い、少し空気を含んだようなテクスチャーで、薄めに付くけど気になる所はカバーできます。クリームタイプにある重さも無くて、色付きのスキンケアクリームを塗っているような感覚です。色の展開も多めなので自分に合った色を選びやすいし、自然なツヤメイクに仕上がるので、くすみが段々気にならなくなりました。

ホワイティシモ パウダーファンデーションの効果と口コミ

ホワイティシモ パウダーファンデーション

ふわっと軽くエアリーな付け心地!皮脂や汗をブロックしてメークしたてを長時間キープ

ポーラファンデーション効果口コミ使い方特長ホワイティシモパウダーファンデーション

見た目は何の変哲もない普通のパウダーファンデーション。その中でもサラッと軽めのタイプなので塗るのも簡単です。しかし粉が細かいらしく毛穴やしわの深いところまでもきちんと入り込んで、どことなくハイライト効果も出てきます。特に夏場は皮脂ですぐに崩れがちだったのですが、こちらはそれを防いでメイク直しの手間も減っています。

さらっとひと塗りで夏のベタつきを抑えるパウダーファンデーション。ルースパウダーのような軽いつけ心地で、厚塗り感のないふんわりツヤ肌に仕上げる特徴があります。さらにウォータープルーフ処方で皮脂や汗に強く、メークしたての仕上がりが長時間キープ。光を反射せさせるセンサーハイライトパウダーを配合しているので、のっぺり顔も立体感ある引き締まった顔立ちにしてくれるのもメリットです。
4,400円・税込
公式HPへ

 

《商品解説》
ポーラのホワイティシモ パウダーファンデーションは軽い感触が魅力のパウダータイプのファンデーションです。

 

気になる部分をカバーしつつ、スキンケア効果も兼ね備えているのが大きな特徴です。

独自パウダーでメリハリある顔立ちに

ポーラファンデーション効果口コミ使い方特長ホワイティシモパウダーファンデーション

パウダーファンデーションは厚塗りを避けながらいかに自然に仕上げることかできるかが大事なポイント。

 

そこでポーラでは独自の「センサーハイライトパウダー」を採用しています。

 

これは顔の骨格を引き立たせるようにフィットし全体の立体感を引き立たせる技術で、頬のハイポジションや額など高い部分の光を強く反射させることでメリハリのある肌に仕上げることができます。

 

厚塗りをしなくても光の反射で毛穴など肌の凹凸をカバーしつつ、全体を引き締まった印象に仕上げることができるのです。

 

ホワイティシモシリーズと共通した美容成分も配合されており、ワイルドタイムエキス、ローズヒップエキス、クジンエキスクリア、マジョラムエキス、ルイボスエキスといった植物由来の成分が独自開発の「トリプルデライトカプセル」によって角質層の隅々にまで浸透、効果を長持ちさせることができます。

エアリー感触で粉っぽさも軽減

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューファンケルエンリッチ

この2つの特徴の相乗効果で肌に潤いをもたらしつつ、メリハリとハリのある状態を日中の間維持することができます。

 

パウダータイプに見られる粉っぽさもなくエアリーな感覚で使うことが出来ます。

 

SPF30、PA+++のUVカット効果も備えているのでちょっとした外出程度なら日焼け止めを使わなくても紫外線を防ぐこともできます。

 

日ごろのメイク、スキンケア、UV対策。いろいろな面から肌の健康と美しさをもたらしてくれるファンデーションです。

 

ホワイティシモパウダーファンデーションの特長のまとめ

  • センサーハイライトパウダーが顔の高い部分で光を反射して、アラをカバーしながら立体的な顔立ちに見せてくれる
  • ホワイティシモシリーズ共通の植物成分が配合され、角質層の隅々まで浸透して効果を維持してくれる
  • 肌に潤いやハリをもたらしながら、メイクの効果も損ねない
  • パウダーの粉っぽさがなくエアリーな質感で使える
  • SPA30・PA+++のUVカット効果も備えている

 

ホワイティシモ パウダーファンデーションの口コミ

さらっとした軽めのパウダーで夏場でも肌への閉塞感なく使えます。だけどすぐに落ちちゃうというわけでなく、逆に肌はしっとりしてるのに汗で流れるのは防いでくれています。光を反射しやすくて、鼻や頬の辺りは明るく見えて、シェーディング使わなくてもメリハリが付くので、メイクの手間も減りました。乾燥肌だけど、美容成分が入ってるからカサカサになりません。

特徴的なテクスチャーという訳ではありませんが、肌にきちんと密着してサラサラに仕上がります。美白ラインだけあってやはり夏場の崩れやすさには強いです。紫外線カット効果もあるので短時間の外出なら日焼け止めを塗らなくても大丈夫、そのせいか肌荒れも減りました。毛穴落ちもしづらく鼻が目立ってしまう事が減って、良い状態がキープしやすいです。

一般的なパウダータイプと大きな違いがないテクスチャーですが、乾燥がちな肌にも粉が飛ぶことなくきちんとついてくれます。Tゾーン辺りは特に明るく見えて、たるみがちで疲れて見えていた顔立ちも、ややはっきりとした表情に見えるように。敏感肌でタイプ問わず合わないファンデーションでは痒くなりますが、これはトラブルもなく使い続けられています。

 

参照:ポーラのファンデーションの効果と口コミについて

40代からのファンデーションの上手な選び方

40代からのファンデーション選びは効果がどれだけ得られるのかという基本的な部分。

 

それに加えて肌への負担の両方を考慮したうえで行っていくことが大事です。

リキッドタイプは化粧崩れしにくいのがメリット

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューリキッドファンデーションメリット

40代以降に急増するシワやシミといったトラブルを抱えているとどうしてもそれを隠そうと厚塗りになってしまいます。

 

そのぶん肌に負担をかけてしまうことも多いだけにバランスの取れた選択が求められます。

 

ファンデーション選びではリキッドファンデーションとパウダーファンデーションのどちらを選ぶかが大きな分かれ目になると言われています。

 

リキッドファンデーションはカバー力に優れているため、トラブルを目立たなくしたい場合に適していますし、肌への密着度も高いので化粧崩れを起こしにくいというメリットもあります。

リキッドは崩れにくい分クレンジングでは負担に

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューリキッドファンデーションメリット

さらに伸びがよく顔全体に塗付しやすいため摩擦による刺激を避けられる点も、年齢肌にとっては非常に重要なポイントとなるでしょう。

 

ただこうしたメリットが40代の肌にはデメリットになることもあります。

 

たとえば密着度の高さは同時にメイクを落としにくい問題ももたらします。

 

塗付する時に肌に負担をかけなくてもクレンジングでメイクを落とすときに負担をかけてしまう可能性もあるわけです。

 

乾燥やバリア機能の低下といった悩みがあまり進行していない方に適しているといえます。

 

一方パウダーファンデーションはパフやブラシで塗付するため摩擦による刺激が気になる、また密着度が低いので化粧崩れを起こしやすいのはデメリット

肌への負担が少ないミネラルタイプもお勧め

基礎化粧品お試しトライアル口コミ効果レビューリキッドファンデーションメリット

しかしクレンジングで落としやすいというメリットを備えています。

 

40代以降の加齢によるバリア機能の低下が進んでいる方はこちらの方が適しているとの意見もあります。

 

このように、自分の肌質を考慮し、ファンデーションの種類ごとのメリット・デメリットを考慮したうえで選んでいく必要があります。この点は基礎化粧品と共通したポイントでしょう。

 

また最近では肌への負担が非常に少ないミネラルファンデーションも年齢肌に適したタイプとして注目されています。

 

選択肢が増えている状況ですから情報収集もしっかりと行っていきたいところです。

40代のファンデーションの選び方のまとめ

  • リキッドファンデーションは塗布による摩擦や化粧崩れが防げて、カバー力が高いのがメリット
  • リキッドファンデーションは化粧崩れしづらい分、クレンジングで落としづらく肌へ負担がかかるのがデメリット
  • パウダーファンデーションはクレンジングで落としやすいので、バリア機能が低下した方でも使いやすいのがメリット
  • パウダーファンデーションは塗布の時の摩擦や、化粧崩れが起きやすいのがデメリット
  • 肌への負担が少ないミネラルファンデーションも増えてきている
  • 自分の肌質やメイク環境、タイプによるメリット・デメリットを考慮して選ぶようにする